生産者紹介、会社概要、沿革 | 愛媛県四国中央市 | 参鍋養豚

参鍋養豚の紹介
TOP > 参鍋養豚の紹介
レモンアイコン参鍋養豚の想い
私たちは、家族の強い絆で取り組む養豚多角経営をしております。 所在する四国中央市は、愛媛県の東端部に位置し、四国4県が接する地域です。 法皇山脈から四国山脈へと続く山間部を擁し、この豊かな自然による美味しい水の恵みを受け、産業や生活が支えられています。私たちは、恵まれた環境をもとに養豚経営が出来ることに感謝しながら、家族の愛情がたくさん詰まった「伊予さんぽーく」を育ててお届けしています。
参鍋養豚の想い

レモンアイコン生産者紹介
当農場は、四国中央市の東端にある切山地区に所在しており、平家の落人伝説が残る国指定重要文化財「真鍋家住宅」がある山間の地域です。その地名のとおり急峻で狭小な土地がほとんどであり、豚舎の配置にも苦慮するような、標高300mの自己所有地で養豚業を営んでいます。
代表取締役角川 由加子取締役 角川 修作、 参鍋 真一
従業員 角川 司、 参鍋 雅弘、 角川 飛鳥、 脇 有希
生産者紹介

レモンアイコン会社概要
会社名有限会社参鍋養豚
住 所〒799-0112 愛媛県四国中央市金生町山田井乙265-2
創 業昭和59年10月24日
従業員数6名(親族経営)
代表者角川 由加子
事業内容養豚業、豚肉の加工・販売
母豚数245頭
会社概要
標高300mの切山地区にある豚舎

レモンアイコン沿 革
昭和45年に葉たばこと温州みかんの複合経営に「子取り繁殖経営」*1養豚を導入、昭和50年には養豚専業の「繁殖肥育一貫経営」*2に移行しました。 規模拡大を進めながら昭和59年には有限会社参鍋養豚を設立、平成14年に農場直売店舗「レモンハウス」を開店。
法人化して以降、社長を中心とし、家族全員で経営をしています。
*1「子取り繁殖経営」・・・豚を繁殖させて、生まれた子豚を出荷・販売する経営方法。
*2「繁殖肥育一貫経営」・・・繁殖~育成~出荷・販売までの工程をすべて自社で行う経営方法。
年次経営・活動の推移飼養頭数
S45葉たばこと温州みかんの複合経営に「子取り繁殖経営」養豚を導入。繁殖10頭/雄豚1頭
S50養豚専業「繁殖肥育一貫経営」に移行。繁殖70頭
S59経営体質の強化と責任の明確化を図るために有限会社参鍋養豚を設立。繁殖180頭
H14農場直売店舗「レモンハウス」開店。繁殖220頭
H22現 代表取締役社長 就任。繁殖245頭